*chikuchiku handmade*最新の記事

生活習慣病の予防にはコレステロール値を見よう

コレステロールの値と真剣に向き合うことが大切です。

 

血液中のコレステロール値を下げる食事をするには、どんな献立が効果があるものでしょう。朝ご飯を和食中心にすることが、コレステロールを下げる効果があります。コレステロールの高いバター、ベーコン、卵等を使わずとも食事ができるからです。洋食の場合は、低脂肪のハムや高リノール酸入りのマーガリンを使えば、飽和脂肪の摂取を抑制することができます。カロリーは減らしたいけれども、肉は食べたいという人は、鶏肉や豚モモ肉にすることで、脂肪の摂取量が減らせるでしょう。血中コレステロール値や、血中脂質を低くしたい時には、食事では青身の魚を積極的に食べるようにすると効果があります。大豆や、大豆加工製品は、質のいいたんぱく質を摂取することができます。油揚げや、豆腐を積極的に料理に活用していくと効果があるでしょう。低脂肪の乳製品を使うことで、コレステロールの摂取量が控えられます。たんぱく質やカルシウムは、乳製品から上手に摂取して、健康増進に役立てていくといいでしょう。海草や野菜を多く使った食事が、コレステロール対策には適しているといいます。どんどん食事に、取り入れるようにしましょう。おやつは菓子パンやスナック菓子より、和菓子を選ぶのもポイントです。コレステロールのことを考えた食事にすることが、体にはダイレクトに反映されます。

パルティール 高崎 予約がとりやすい

*chikuchiku handmade*について

リトープスを初めサボテンや多肉植物など、育てながら紹介しています。
http://yamagata-shinbi.com/日本初のフラッシュモブ代行会社uvフロアコーティング
カテゴリー
更新履歴
生活習慣病の予防にはコレステロール値を見よう(2014年12月18日)
ボクらの時代に向井理さんが登場(2014年11月29日)
フリーマガジンが読みたい(2014年11月23日)
台風による避難勧告や避難指示について(2014年11月18日)
30代を超えるとお肌がカサついてしまう貴方におすすめのサプリ(2014年11月17日)